ステンレス OR アルミ手すり - SU-T型、AL-T型

使用者に配慮した安全でスリムな手すりです。ステンレス製とアルミ製の2タイプ。
  • ブラケットの材質にステンレス鋳物を採用。なめらかで美しい形状を目指しました。

主要材料
SU-T型(ステンレス製):支柱・ビーム/SUS304
              ブラケット/SCS13
AL-T型(アルミ製):支柱・ビーム/JIS H4100 A6N01S-T5(JIS H 8602)
            ブラケット/SCS13
傾斜ビーム

規格対応(0°〜35°)

傾斜コーナー

コーナーブラケット対応(90°〜180°)

カラー
ファインシルバー
ブロンズ
ビターブラウン

寸法

SU-T型 AL-T型

デザイン

いずれもステンレス製とアルミ製からお選びいただけます

  • SU(AL)-T-T1型 H80(トップ1段)
  • AL(SU)-T-T2型 H85(トップ2段)
  • SU(AL)-T-F1型 H80(フロント1段)
  • AL(SU)-T-F2型 H85(フロント2段)
  • SU(AL)-T-SF1型 H85(センターフロント1段)
  • AL(SU)-T-ST2型 H85(センタートップ2段)
  • SU(AL)-T-SF2型 H85(センターフロント2段)
  • 歩行者自転車柵用H85(柵高1100mm)

手すり設置基準

基本的な考え方

手すりは、高齢者、障害者等の誘導、移動動作の補助等について有効な設備であり、利用者の目的や状況に応じて円滑な利用に配慮した取付位置、形状、材質、寸法等で堅固に設置する。

整備基準(規則で定めた基準)

(1)一般旅客が常時利用する傾斜路、階段等においては両側に連続して手すりを設けること。ただし、構造上困難な場合はこの限りでない。
(2)便所、エレベーター等に設ける移乗等動作用手すりは、高齢者、障害者等の円滑な利用に配慮したものとすること。
(3)取付の高さは、一段の手すりの場合は、床面から80cm程度、二段手すりの場合は、下段が65cm程度、上段が85cm程度とすること。
(4)手すりの形状については、高齢者、障害者等が支障なく利用できるものとすること。
(5)材質は、その取付場所に配慮したものとすること。「東京都福祉のまちづくり条例 施設整備マニュアル」より抜粋

手すりの位置と形状の例