防球フェンス FS-AP型

下部のフェンスの取替えが自由な経済的設計。上部に合繊ネットを使用し、下部には条件に合ったフェンスの設置が可能です。
  • 上部には合繊ネットを使用し、下部には条件に合ったフェンスの設置が可能。柱にはコラムを使用。

  • P型基礎コンクリート使用のオーガー掘削工法により、工事費、工期を飛躍的に縮小。

  • 下胴縁に金網ハズレ防止のための「ネットホルダー」を取付け。

高さ

H5000 〜 H10000 (mm)

  • H5000,
  • H6000,
  • H7000,
  • H8000,
  • H9000,
  • H10000
主要材料
柱/STKRまたはBCR材
網 合繊ネット37.5mm目
菱形金網φ3.2×40mm目他
カラー

網と鋼材との色調が異なる場合があります。

寸法

FS-AP型

寸法寸法
型式
商 品 寸 法 基礎寸法
高さ 柱全長 埋込 柱間隔柱間隔
(m)
中間ワイヤー中間ワイヤー
段  数
柱(コラム)
FS-AP型H 5000 5000 5800 700 6 1 □125×125×4.5 P-45-200型
FS-AP型H 6000 6000 6800 700 6 1 □125×125×4.5 P-45-200型
FS-AP型H 7000 7000 7800 700 6 2 □150×150×4.5 P-45-250型
FS-AP型H 8000 8000 9000 900 6 2 □150×150×6.0 P-45-250型
FS-AP型H 9000 9000 10000 900 6 3 □200×200×6.0 P-55-300型
FS-AP型H10000 10000 11000 900 6 3 □200×200×6.0 P-55-300型